You are using an outdated browser. For a faster, safer browsing experience, upgrade for free today.

Loading...

マナレシの歴史

1898年 - イタリア・フィレンツェの有名なオルサンミケーレ教会のほど近く、ランベルティ通りに、イタリアで初めての立ち飲みのカフェが誕生しました。アンティークの真鍮や鏡、木工細工を施した店内を芳醇なアロマがカフェを満たし、上質な空間を作り上げています。カフェで提供されるローストコーヒーのアロマの香りと特徴的なフレーバーは、故郷の香りと味として、フィレンツェに住む人々の心と味覚に宿っています。このカフェこそがマナレージコーヒー誕生の地なのです。

今日に至るまで、マナレージコーヒーは1898年以来続く伝統を受け継いでいます。上質なコーヒーを提供するために、マナレージは細部にまでこだわり、世界で最も質の高いコーヒー豆を選んでいます。機械には決して真似できない、経験豊かな職人技によるきめ細かな管理のもと、コーヒー豆の焙煎には、慎重に一度にほんの少量だけを焙煎するという伝統的な方法がとられています。一世紀以上にわたる歴史に裏付けされた質とフレーバーを受け継ぎ、正真正銘のイタリアンエスプレッソを作り出しています。

120年以上生き続けたマナレージの味と質を守るために、私たちがただ1つ変えたものは、パッケージです。フレーバーとアロマをそのまま新鮮に閉じ込めるため、また比類ないマナレージコーヒーのフレーバーをわざわざイタリア・フィレンツェに来ることなく味わっていただくため、パッケージを開発しました。

マナレシ
コーヒー
1898年創業

イタリア生まれ

マナレシの歴史

6十月1898:

イタリアのフィレンツェのデッレ・ポルト・ヌオーヴェ地区に、マナレシはその種で最初の焙煎とコーヒーショップ「バー」カフェ・デ・リッティを設立しました。


五月1956:

人気のイタリアの雑誌「OGGI」『ILプリモバーディフィレンツェ』、最初のフィレンツェのエスプレッソバー、コーヒーショップのように定義イルなカフェマナレシ、(ILなカフェ・デ・リッティ)の記事を(なし。21を発行する)努力しています。


1985:

マナレージは60周年を迎えます


1986:

マナレシミケランジェロのダビデの画像を使用する権利を、現在のロゴを紹介しています。 マナレシ今日でもマナレシイタリア市場を通じて大規模な小売業者を通じてハイエンド全体豆粉砕コーヒー製品を販売開始します位置していキャンティのシャイアに自分の焙煎施設を再配置します。


1989:

マナレシは100周年を祝い、その機会に、エリートコーヒーブレンドグルメを紹介します。


2016:

マナレシはネスプレッソ互換カプセルを紹介します。


2019:

マナレシはノビリスSRSジャパンと提携して、豆と挽いたコーヒーを日本市場に提供しています。

バリューステートメント

1898年以来イタリアで作られた本格的なイタリアエスプレッソ。世界中の地域から最高の生コーヒー豆を選択することに120年以上の情熱と経験を消費者に提供しています。 真に優れたコーヒーを生産するためにサイト上アラビカとロブスタをブレンド小さなバッチを焙煎にその情熱をチャネリングで細部に細心の注意を品質で比類のない、かつ堅牢な風味。 コーヒー豆の最高品質で作られ、視覚的に検査し、当社の経験豊富なバイヤーが選択しました。 保存された、ローストし、顧客が可能新鮮かつ最高品質の製品を受け取る確保するために、日々のサイトにパッケージ化